服装やマナーは従来通り守る事が無難

 結婚式に出席する際女性は白を身につける事を避けます。
白は花嫁の色と言われているからです。
またアクセサリーはパールをつける事が多いです。
葬式の時は喪服を着て黒のパンプスを履きます。
アクセサリーもつけるなら黒のパールが好ましいです。
 男性の場合女性ほど服のバリエーションはありません。
冠婚葬祭で大きく違う所はネクタイの色くらいです。
お祝いの場なら白で悲しみの場なら黒です。
社会人になったらいつ冠婚葬祭に出る事になっても慌てないように白と黒を一本ずつ用意しておくと安心です。
 近年はマナーや礼儀も変わりつつあります。
冠婚葬祭においても以前よりは幅広い考えが受け入れられるようになりました。
実際に結婚式で白ではない明るめの色のネクタイをしている人も見かけます。
式の行い方も色々になっている今、あまり従来のやり方にこだわらなくなった人も多いのかもしれません。
 それでも様々な年代の人が集まる可能性が高いので皆に受け入れられる服装が無難であると思っています。
マナー本などを一冊買っておくのがお勧めです。

人生のパートナーを見つけるには
難しく考えることはなく、相手を知ってもらうことが大切なんです。

冠婚葬祭 ネクタイ関連ページ

更新情報ページ

冠婚葬祭でのネクタイの選び方

冠婚葬祭のネクタイについて

黒い礼服と黒いネクタイ

男性の結婚式におけるネクタイ

Copyright© 冠婚葬祭 ネクタイ All Rights Reserved.

服装やマナーは従来通り守る事が無難
冠婚葬祭 ネクタイ