冠婚葬祭 ネクタイについて

冠婚葬祭でのネクタイの選び方

結婚式やお葬式など、生涯のうちに何度か訪れる冠婚葬祭の場ですが、男性のネクタイはどのようなものを選べばよいのでしょうか。
まずお葬式の席ですが、喪服の黒にあわせて黒いものをつけましょう。
黒が入っているからといって、ストライプなどの柄物はマナー違反です。
またハンカチや靴下も黒が好ましいです。
結婚式の場合は、昔は黒のダブルに白のネクタイが定番でしたが、最近では少し傾向が変わってきているようです。
若い参列者は特に、白一色ではオシャレ感がないということで、シルバーのものやストライプなど、少し変わったものを着用する人が増えています。
挙式から参列する場合や、格式高い披露宴の場合は敬遠されるかもしれませんが、披露宴から参加する場合やカジュアルな式の場合は、白のワイシャツを変えたり、ネクタイを変えたりするのも、会場が華やかになってよいかもしれません。
結婚式で黒のドレスの女性ばかりだと、親族としては寂しいそうです。
黒は無難で、体系も細く見えるので誰もが着がちですが、違う色のドレスで参列した時、とても喜ばれた記憶があります。
ならば男性の服装も、シャツや小物でおしゃれに着飾ると、もっと華やかになるのにと個人的に思っています。
とはいっても、主役は自分ではありませんので、その場に合った服装を心がける事が大切です。

Copyright© 冠婚葬祭 ネクタイ All Rights Reserved.

冠婚葬祭でのネクタイの選び方
冠婚葬祭 ネクタイ